ダイエット成功法則 BOSSダイエット法

夕食たっぷりのダイエット 成功法則ーBOSSダイエット方法

BOSSダイエットのお申し込み
0120-548-224
BOSS法って何? だから太ってしまう現代人
ダイエットセミナー

いつか漁船で遭難して助かった人のニュースがあった。この人は1ヶ月間ほとんど食べるものがなくて、水だけで生きていた! どうして餓死しなかったんだろう? そう、そこが人間が肥満することとすごく関係ある。

原始時代の話になるけど、この時代は、人間が満足に食物にありつけることなんかほとんどなかった。何日も何週間も食事できないのが当たり前だった。それじゃぁ栄養失調で死んでしまうと思うかもしれないけど、人類はなかなかうまい機能を発達させた。

食べ物に沢山ありつけた時にエネルギーの元となる栄養素(カロリー)を“脂肪”に変えて、身体のあちこちに蓄えるようにした──体内の脂肪を蓄えるところは、とくに活動に支障のない場所を選んだ。そこで腹部やお尻に沢山 くっつくようになった。これが今にしてみればかっこ悪いことに。でも、また何時食事にありつけるかわからないから仕方がない。それが人類にとっての進化だった。

助かった漁師さんは、食べ物がなくても自分の体の“脂肪”を使いながら“死亡”しなかったわけだ。でも、水に関してはダメ。水がないと1週間ももたない。

本能に外れてるからダイエットに失敗する!

「そんなに食べてないのに、どうして太るのかしら?」って言う女性はけっこう多い。しかし現代は原始時代の人類とは比較にならないほど食べている、完全に食べ過ぎ。「飽食の時代」と言われるぐらいに、むしろ現代人には食べ物が溢れかえってる、それが問題なんだ。

現代人といっても1万年ぐらい前の人類と体はそれほど進化してるわけでない。だから現代においては、かえって困ったことが起きてくる。

●食べ物が目の前にあると、“できるだけたくさん食べとかなきゃ”という原始時代の飢餓の本能が無意識的に働く。だから人間の本性はというと、実はかなりガツガツしている。このため過食になりやすい。

●体に脂肪をため込む機能が発達しているから、カロリーを摂りすぎると体内の脂肪が際限なく増加する。

●食べる行為というのは生命維持に直結しているので、本能的にはきわめて安堵感が得られる。このためストレスの多い現代人は、とかく食べることに向かいやすい。

「夕食を少な目に」や「腹八分目」。原始人にそんなこと通用すると思う? 目の前に食べ物が沢山あるのに我慢しとけって!? ストレスになってかえって脳がマヒしてしまう! 本能に反するようなことはけっして続かない。そういう無理をするからうまくいかないんだ。

「3食をきちんと食べろ」。これも後で説明するけど、三度、三度毎日きちんと食べられた原始人なんか存在していない!

3食絶対主義の学者は、必ずと言っていいほど「ネズミやマウスの実験」をそのまま持ち出してくる。こういうのを“机上の空論”っていうんだ。なぜなら、ネズミは夜行性。食べる習性とか、消化吸収機能とかが人間とはかなり違う。

たとえば、ネズミに必要な1日のカロリーを人体に換算すると、何と、チーズバーガー千個分にも相当する。そのぐらい食べないと生きていけない動物なんだ。 だからネズミはしょっちゅう食べている。こういうネズミのデータを人間に当てはめるなんて、そもそもバカげている。

運動でやせたいと思う?!

「やせるために運動しなきゃ、と思ってるんですけれど」── どうぞおやりください。ただし脂肪1s減らすのにも、フルマラソン(42.195q)を3回走るぐらいやらないとダメ。

「運動したら1s減ったんですけど、すぐ戻るんです」── そりゃあ、そう! 汗の出た分が減っただけなんだから、水を飲んだらすぐに戻る。運動だけでやせようなんていうのは土台無理な話だ。

>>3食だからやせられない?!

BOSSダイエット法 トライアルはこちら
Copyright (C) 2006- SORA CORP. All rights reserved.