ダイエット成功法則 BOSSダイエット法

夕食たっぷりのダイエット 成功法則ーBOSSダイエット方法

BOSSダイエットのお申し込み
0120-548-224
世の中では絶対に教えてくれない肥満解消法 肥満は、あなた個人だけのせいではない!
ダイエットセミナー

前回の「今の常識では、肥満になって不健康になる!?」はけっこう反響があったようだ。「朝食しっかりがいかによくないか、すごくわかりやすかった!」という(私宛の)メールが送られてきたりもした。
女性にとって、肥満の防止は最大の関心事のはずである── そこで、弊社の女性達にも感想を聞いてみた。
異口同音だったのが「夜、ちゃんと食べてもいい!という安心感ができた」というもの。それから、「永島さんを見ていたから分かりますよ」── そうね。8年前は中年太りのオッさんで、それ以後はBOSS法でちゃんとスリムな体型を維持してますからね。

少なくとも、“夕食は制限しなくていい”や、“朝食しっかりは間違いである”ということについては理解してもらえたようだ。

でも、まだBOSS法の本質は理解されていないと思う。
なぜなら、BOSS法は単に痩せるための道具とは違う。これから一生、肥満を解消して理想体重を維持していく方法なのである。それと共に、私たち現代人に とっては“肥満から引き起こされる生活習慣病の予防”に対する不可欠な健康法でもあるのだ。

ところが、一旦痩せることに成功するとダイエットをやめてしまう人がいるのは、やはり、このことがちゃんと理解されていないからだろう── 普通、ダイエットの動機というのは単に痩せることが目的なのだから、その目的が達成されたら終わりと考えるのも無理からぬことだが・・・。

ダイエットを継続していないと、また肥満に戻ってしまうのは当たり前のことなのである。なぜなら、肥満が引き起こされていた“環境そのもの”も戻ってしまうからである−このことは「リバウンド」とは全然違う。リバウドとは間違ったダイエットをしてダイエット以 前よりもよけいに太る体質となってしまうことである。また、このリバウンドを繰り返すことを「サイクリング」と言っている。

そして、ダイエットが続かない原因には、「肥満は、すべて自分が悪いのだ・・・」という思いこみが強く関係しているように思われる。なぜならば、それによってダイエットは義務や努力というような辛いものになり、その結果、一時的にでもダイエットに成功すれば「やっとゴールできた」という開放感につながっていくだろうし、また、ぎゃくに失敗したら自分を責めるからである(そんな状態では長期間続くわけがないのだ)。
肥満というのは個人の問題だけではなくて、もっと大きな問題。つまり「今の環境では肥満になっても当たり前という社会的現象」として捉えていかないと本質的な解決が困難になってくるのだ※。

※ただ世間の常識を鵜呑みにしていては絶対に上手くいくわけがない。世の中のダイエットは、やれ運動しろの、夕食を制限しろの、はては脂肪のモミ出しだのと、肥満の責任をすべて個人に押しつけてハッパをかけるだけである。事実は、「肥満の最大の原因は、現代環境にある」ことを知らなければならないのだ。それに対してBOSS法は、きちんと理解したうえで実践していけば、こんなにも自然で、こんなにも楽なダイエット法だということがよくわかるはずである── 問題は、理解できないうちに中止してしまうことである。

 ぜひ、あなたにも問いかけてほしいのだ。
「なぜ、これほどまでに肥満が多くなってきたのか?」、と。最近、私は「肥満が市民権を得てしまった」と考えている。それほど周囲には肥満が、しかも平然と目につくようになった。 

厚生労働省の調査によれば、今や日本の肥満人口(15歳以上)は2300万人に達する。そして、世界中では約12億人── これは何と!貧困で飢えに苦しむ人口と同数なのである。
まさしく肥満は※欧米諸国や日本などを中心とした先進国病であり、「生活環境病」にも等しいのだ。

さて前置きが長くなったが、今回は「夕食は脳を満足! 栄養は体を満足!」というテーマでお話しする。もちろん前回宿題となっていた「1日3食という常識がいかに間違っているか」についてもご説明していきたいと思う。

>>夕食が最も基本である

BOSSダイエット法 トライアルはこちら
Copyright (C) 2006- SORA CORP. All rights reserved.