ダイエット成功法則 BOSSダイエット法

夕食たっぷりのダイエット 成功法則ーBOSSダイエット方法

BOSSダイエットのお申し込み
0120-548-224
夕食十分の「肥満解消法則」 1か月間に何Kgやせるか?

再度申し上げますが、肥満を解消するためには体脂肪を減らす以外にありません。そうすると1ヶ月間に10sも20sもやせるなんていうのはありえないことなんです。

では、この体脂肪を減らす上で、1ヶ月間に最大どのぐらいやせられるか? については、次のような計算が成り立ちます(一応、女性の場合を考えます)。

今の肥満状態が、そのまま維持される1日の摂取カロリーは2000kcalぐらいでしょう(つまり、それ以上はやせることも太ることもないという摂取カ ロリーです)。それを健康に悪影響を与えない最小の摂取カロリーにまで減少させることを考えても1400kcalが限界です(なぜなら基礎代謝量分を確保 しなければならない)。そうすると、2000−1400で、600kcal分の体脂肪が減らせます。

このカロリーを体重に換算すると1日70g。ですから、1ヶ月間で2sの減量が限界です。現実的には、個人差も考えると1ヶ月間に1〜2sやせるペース が理想的でしょう── 少ないように思うかもしれないが、6ヶ月間で10s前後やせられることになるんです。しかも、健康に害を与えることもなく、リバウンド の危険性もありませんね。

朝食で、逆に血糖値が上がりすぎてしまう?!

 さてもう一度、食事の問題に話を戻しましょう。

 肥満するか否かというのは、実は“血糖”がどう変化するか、ということからも考えられるんですね。なぜなら、炭水化物や糖分などを摂取して、それがブドウ糖に変化して血液の中に入ってきて血糖になる。ところが、食べすぎで血糖が多くなりすぎると、すい臓から分泌されるインスリンの作用で、その余った分を中性脂肪に変えて脂肪細胞の中に蓄える。このことが常態化すると肥満になっていきます。この血糖値の関係からしても「朝食しっかり」がたいへんにおかしなことになってきます。なぜなら、朝食後が最も血糖値が上がりやすいからなんです。

朝方のインスリンの分泌は不活発なために、血糖値は上昇傾向になります。そんな状態のところへ炭水化物などの糖質を中心にした朝食をとれば、吸収されたブドウ糖が、さらにプラスされて血糖値を上昇させてしまいます。

食後であれば、どの時間帯でも血糖値はある程度上昇するんですが、このような朝食後の著しい血糖値の上昇は、糖が余りやすく、脂肪に変換される量も多く なってしまいます。つまり、「朝食しっかり」が肥満しやすい、ということになるんですね── もし、あなたが普段から血糖が高い状態、すなわち糖尿病に近い状 態か、あるいは、糖尿病であったら、なおさら朝食には注意する必要があります。

食事と血糖値血糖値の一日の動きを見ると、食後に血糖値が上昇しますが、1日3食では、とくに「朝食後」の血糖値の上昇が急激に高くなっています。ですから、一日中の血糖バランスを安定させるためには、朝食時のカロリー制限が有効になると考えられます。低カロリー、高栄養のサプリタイムを利用することで、その解決をはかることが可能となります。
自律神経と食事のとり方

とくに朝方、インスリンの分泌が少ないというのは、これは人間の体からすればまったく自然なことで、本来、人間は朝食をたくさん食べるようにはできていないんですね。

一方、夕食後のインスリンの分泌や血糖値の上昇は安定しています。なぜなら、炭水化物などの糖質を多くとっても、グリコーゲンのかたちで肝臓や筋肉に蓄 えられるので脂肪に蓄える分は少ない。つまり、夕食のほうが肥満しにくい、ということになります。

>>朝しっかり食べると便秘になりやすい

BOSSダイエット法 トライアルはこちら
Copyright (C) 2006- SORA CORP. All rights reserved.