ダイエット成功法則 BOSSダイエット法

夕食たっぷりのダイエット 成功法則ーBOSSダイエット方法

BOSSダイエットのお申し込み
0120-548-224
世の中では絶対に教えてくれない肥満解消法 人はなぜ肥満するのか?

ダイエットなどで夕食を制限したりおろそかにすることは、本来の人間にとっては自然に反する行為であり、ぎゃくに太りやすい体質となってしまう危険性があるのだ。

食欲というのは、実は、脳幹部にある「食欲中枢」によって支配されている。
食欲中枢には満腹と空腹のそれぞれの状態を感知して、食欲をコントロールするスイッチの役割がある。お腹が空いたら食欲がわくように、反対に満腹になった ら食欲がなくなるように信号を送る−このように食欲というのは、けっして胃袋で判断しているわけではなく、すべて食欲中枢という脳で判断しているのだ。
また、この食欲中枢には、これまでお話しした原始時代からの記憶があって、本能的に夕食によって食欲が満足されるになっている。
そこで夕食を我慢したらどうなるのか?

人間本来の食事形態に反していることから食欲中枢にはストレスが発生する。そして、それが頻繁に起こると食欲中枢の働き自体がマヒしてしまうのだ。
食欲中枢には満腹と空腹の2種類が存在するが、満腹中枢がマヒすれば「どんなに食べても食べることをやめられない」ようになり、また、空腹中枢がマヒすれ ば「お腹が空いているのにそのことが感知できない」ようになる。
残酷なようだが「片方づつ、それぞれの中枢をとってしまったらどうなるか?」という動物実験がなされたことがある。なんと結果は、食べることを死ぬまで続 けるか、反対に飢餓状態になっても食べる行動を起こさなかったのだ。
ところで現在の日本人は、はたして夕食を十分に食べているのだろうか(肥満が気になっている人ほど、「夕食を制限しろ」なんていう迷信に惑わされているからね・・・)。

さらに現代人の食事のあり方は、食欲中枢をマヒさせやすい状況になっているのだ。
それは何かというと、「単に習慣的に食事をしている」ことである。朝食、昼食、夕食と、何の疑問もなく食べている。すなわち空腹になったから食べようと か、今は満腹だから食べる必要はないとかはまったく関係ないのである。これでは、満腹、空腹の信号を出すスイッチの役割である食欲中枢は、ほとんど機能し ていない。

こうなると、どんなに過食や美食をしていようとも、「もう止めた方がいいよ」という信号は送られてこない。
その一方で、消化や吸収をつかさどる自律神経は、食欲中枢には無関係な働きをする。口に入る食べ物はすべて消化し、吸収し、そして余ったエネルギーは“脂肪”に変えて体内にせっせと蓄積してくれる── 肥満とは、実は「体脂肪・過多症」である。原始時代に発達させた脂肪をため込む機能は、飢餓に備えて今もけっ して衰えてはいない。かくして人間は、際限なく太ることができる── このような脂肪を貯め込む機能は持っていても、それを止める機能は持っていない。

いかがだろうか。今日私たちの食生活は、人間の本来の食性とはあまりにもかけ離れれている、と言えるのではないだろうか。

一日3食が太る訳

さて、1日3食がなぜ太るのか、についてご説明しよう。
まず結論的に言えば、1日3食にしなければならない、という科学的根拠がきわめて乏しいのである。理由は、その根拠に必ずといっていいほど持ち出してくるマウス実験自体に問題がある。前にも述べたように人間は昼行性であり、マウスは夜行性である。このように両者の食性はまったく異なるのである。代謝の 働きも人間とマウスとでは比較にならない。

たとえば、マウスを人間の大きさに匹敵させた場合、このマウスに必要とされるエネルギーは何と1日4万kcal(人間は約2千kcal)に達する。つまり、 チーズバーガー200個分にも相当するカロリー(=エネルギー)が必要になってくる。だからこそマウスは、1日中食べ続けていなければ生きていかれない動物なのである。すなわち、このようなマウスの実験によって人間の食事のあり方を言うこと自体間違っているのだ。

もし、どうしても似非学者が言ところのマウスの実験結果を信じて「1日3食を守り、しかも肥満したくなかったら」こうするしかないだろう。
3食すべてを“キツネうどん”程度のカロリーにおさえること── これが肥満を起こさないための胃袋に入れていいカロリーである。女性の場合であればだいたい 1日1500〜1800kcal程度。ただし、健康を害することについては保証する。
つまり、1日3食にして太らないようなカロリー量を維持すること自体、とくに現代食においてはひじょうに難しいのである。

>>栄養面で問題がある現代食

BOSSダイエット法 トライアルはこちら
Copyright (C) 2006- SORA CORP. All rights reserved.