ダイエット成功法則 BOSSダイエット法

夕食たっぷりのダイエット 成功法則ーBOSSダイエット方法

BOSSダイエットのお申し込み
0120-548-224
世の中では絶対に教えてくれない肥満解消法 なぜ太るのか?やせられないのか?
最大の原因は・・・
  • 1.朝食を重点にすると太る。
    2.1日3食で太る。
    3.夕食を制限すれば太る。
という、『食習慣』なのである。
えっ? 聞き間違いではないかと思われるかもしれない。今までの常識とは正反対のことを言っているからだ。もう一度ハッキリ言おう。
  • 1.朝食を重点にすると太る。
    2.1日3食で太る。
    3.夕食を制限すれば太る。
今回はこのように、今、常識だといわれている食習慣では、なぜ肥満になるのか、その理由を明確にさせたいと思う。そして、正しい食習慣とは何か? また、BOSS法とは、それに対してどういう仕組みになっているのか?また、どのようにして肥満が解消できるの か? というテーマでお話しする。

さて、今までのダイエット法で、どのぐらいの人たちが成功しているのだろうか?
ご存知のように、今、世の中は大変なダイエットブーム。新聞のチラシや週刊誌、あるいはテレビに至るまで、ダイエットのことが紹介されない日はない。ま た、少し大きな書店に行けばダイエット専用のコーナーまであって、そこには、ダイエットに関するいろいろな本がところせましと列べられている。まあ、いか に肥満人口が多いのかという証拠みたいに・・・。

けれども、それらを実行してみて成功した人は本当にいるのだろうか? 
ある調査によれば、ダイエット経験者の内の、なんと95%もがダイエットに失敗したという結果になっているのだーダイエットブームは、ダイエットに成功し た人がいないからブームになれるのである。なぜならば、もし成功者が多くなったら、ほとんどのダイエットは必要なくなってしまうからである(病人がなくな れば医者もいらなくなるのと道理は同じ)。

ダイエットに成功しない理由とは

では、なぜこれほどまでにダイエットに成功しないのか? 
「最大の原因は食事だ」という肝心なことが、理解されていないのだと思う。
「でも、どのダイエット本を見ても食事のことについては、あれこれ載っているではないか」と思われるかもしれない。
だが、それらのダイエット本にきまって紹介されている、ただカロリーを気にしながら献立をつくるような、そんな食事がいいわけではない。もちろん栄養価のほとんど無いコンニャク(=マンナン)を食べさせておいて、ごまかしにお腹を一杯にさせるなんていうのは、まやかしの食事であってお話にもならない。
むしろぎゃくであって、「毎日の食事をいかに充実させるか。どうしたら満足できるか」という、人間として人間らしい食習慣(それが食文化である)を持つことがきわめて重要なのである。このことについては、また後でふれていきたいと思う。

さて一方で、「肥満は体質や運動不足、ストレスなどが大きく関係している」とはよく言われることで、これも否定できない事実ではある。だが問題は、それらが肥満とダイエットに関して、さも最も重要な要因であるかのように喧伝(けんでん)されていることなのだ。
なぜなら食習慣が正常になれば、ほとんどの肥満は改善できる。それに比べて体質的な問題や運動などの影響はそれほど大きくはないのだ。
つまり、遺伝的な肥満体質であってさえも、正しい食習慣を持っているならば肥満にはならないし、あるいは、運動しないからといって肥満するわけでもない (運動不足のことは肥満になったからこそさわぐのであって、正常な人間にとっては無関係である。むしろ普通は良いとされている運動でも、かえって健康を害 する危険性だってある)。

特に、「運動=ダイエット」というのは“間違った常識”なのである。そこで、次のような事実を知ったなら、運動でヤセようなんていう考えはひじょうにあまい、ということに気がつくだろう。
過食を1〜2週間続けてみれば1sぐらいの体重増加(体脂肪として蓄積)には簡単になってしまうだろう。そんな経験をした人は少なくないはずである。さ て、それを運動で取り戻そうと思ったら、たった1sの減量でも42.195qのフルマラソン(マラソン選手は42195を「死に行くゴー」と呼んでいる) を2回以上走るぐらいの運動量(=消費カロリー)が必要になってくるのだ── 肥満した後の体脂肪を運動だけで減らそうというのは、それほど大変なことなのだ (運動直後に体重が落ちたなんていうのは、体内の水分量が減少しただけで、水を補給したらすぐ元に戻る。だが、肝心の体脂肪はほとんど減っていない)。

その他のダイエット方法についても少しふれてみよう。

  • エステの脂肪もみだし・・・こんなことをやってもまったくの無意味、気休めである。 
  • 飲みさえすればヤセられるダイエット食品・・・世界中のどこを探したって存在しない(ダイエットを扱っている当社が言うのだからウソではない)。
  • 痩身用の中国茶・・・漢方の国だなんて、かいかぶっていないか?かなり危険性のある製品が少なくないことも考えなければならない。
  • 低インシュリンダイエット・・・この食生活を続けられるわけがない、非現実的。

では、いよいよ冒頭で言った、常識とされる(3つの)食習慣が、なぜ太るのか?
その理由について説明していきたいと思う。

>>朝食は一日の活動エネルギーになるのか?

BOSSダイエット法 トライアルはこちら
Copyright (C) 2006- SORA CORP. All rights reserved.