夕食重点のBOSSダイエット法
会社概要 お問い合わせ スタッフ紹介 リンク 法に基づく表記
BOSSダイエット法について ダイエット・基礎講座 BOSSダイエット法体験談 お試しセット お問い合わせ
BOSSダイエット法HOME
ダイエット基礎講座
はじめての方に


肥満と病気


 「肥満」は、生活習慣病の一つに分類されています。直接的な病気ではありませんが、糖尿病や高血圧、高脂血症、心筋梗塞(こうそく)や脳梗塞などの、重大なリスクファクター(危険要因)になるからです。糖尿病を例にとれば、肥満者の何と半数以上がこの病気に罹っています。現在の日本人の糖尿病患者数は約700万人。そして、40歳以上の中高年の10人に1人が糖尿病なのです。

 内臓脂肪型肥満・糖尿病・高血圧・高脂血症は動脈硬化が早く進行するために、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞等になりやすいのです。 しかし、肥満を解消することで、生活習慣病に罹る危険率をかなり低下させることができます。糖尿病や高脂血症が5分の1になり、高血圧が4分の1、腰痛や膝痛は何と! 17分の1というように・・・。このように、特に中高年の健康維持においては、肥満の解消が不可欠な要素となってきます。

 ここで言っている肥満とは、20代前後の若い人達が考えるような、単なるプロポーションだけを問題とする肥満ではありません。生活習慣病の重大なリスクファクターとしての肥満なのです。

 肥満の指標として身長と体重からわりだすBMIというものがあります。たとえば、BMI=22は肥満でも痩せてもいない理想的な標準体重を示す指標です。身長160pの人であれば標準体重は56s。でも、かりに体脂肪率を測ってみて、それが女性で30%(男性は20%)を超すようであれば肥満の判定になる。なぜなら、外見では肥満ではないが、内臓には脂肪がたまっている“隠れ肥満”という状態なのです。

 近頃衝撃的なニュースが流れました。長寿沖縄の神話が崩れつつあるのです。沖縄の男性の平均寿命が4位から26位に転落し、生活習慣病も非常に増えているというのです。その原因のひとつに肥満があげられています。

沖縄の病院による研究で、内臓脂肪型の肥満が原因で突然死のリスクが高くなる「メタボリックシンドローム(MS)」に沖縄男性の3割が該当することがわかりました。野菜類を多用する伝統食から、脂質を多く摂取する欧米型の食生活へと変化したことが影響しているとしています。これに該当する人は、心筋梗塞や脳梗塞のリスクが、そうでない人の3倍、糖尿病は10倍といいます。

  沖縄では戦後、米軍の駐留などの影響で食文化の欧米化が進み、肥満者が増えているとされています。1日の摂取エネルギーに占める脂質の割合は、沖縄県民は過去30年以上、全国平均を上回っているといいます。また、心疾患や脳血管疾患などによる死亡率は、どの世代でも沖縄男性は全国上位。中高年の女性も、心疾患などによる死亡率が高いのです。

沖縄国際大学・鈴木信教授はこう話しています。
「沖縄では特に60代以下で肥満が多い。食べ過ぎで運動をしない生活習慣が続き、全国一の肥満県になっている。伝統的な沖縄の食事から、外食や洋食などで脂質の多い食習慣へ変化したことも原因だ。生活習慣病の増加により、近い将来、沖縄は短命県になりかねない。全国的にも同様の食習慣が広がっており、沖縄の現状を警告としてみるべきだ」。

Session7
サプリメントで痩せられる? ←
 
夕食十分の非常識な ダイエット 成功法則/BOSS ダイエット 方法  

さあ始めよう!BOSSダイエット お試しセットお申し込み
ダイエット
基礎講座
年齢とともにやせられなくなってきたあなたへ | ダイエットと食事の関係
食事制限のあやまち | 運動で痩せられるか? | 体脂肪率を下げるには?
間違いだらけのダイエット選び | サプリメントで痩せられる? | 肥満と病気
はじめての方に
なぜダイエットは成功しないのか | BOSSダイエット法とは | 成功の7カ条 | Q&A
楽しみながらやせるには | お試しセット | BOSSダイエット法に欠かせない2製品
BOSSダイエット法 トップページへページの上へ
 
ダイエット方法・夕食十分の非常識な正しいダイエット法/BOSS法
そら株式会社 boss@bossdiet.info
〒330-0851 埼玉県さいたま市大宮区櫛引町1-12-2
TEL: 0120-54-8224 FAX: 0120-54-8229